--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.06
Tue
年末年始は,コンピュータの歴史にまつわる三冊の本を読んだ.


Alan Turing: The Enigma: The Book That Inspired the Film The Imitation GameAlan Turing: The Enigma: The Book That Inspired the Film The Imitation Game
(2014/11/19)
Andrew Hodges



一冊目は,アラン・チューリングの伝記.
チューリングについての伝記や論文集は最近では多く出ているが,なかでも最初期に出たのがこのHodges著らしい.初版は1983年に出ている.それ以前は,チューリングの業績の多くが軍事機密だったため,ほとんど資料がなかったということのようだ.今年3月公開の映画の原作にもなっているそうなので,これを読んでみた.とにかく情報量が多くて,しかも凝った英語で書いてあるので,読み通すのに20時間くらいかかった.(今回Kindleで読んだのだが,書店で実物を見かけたときにその分厚さに驚いた.紙版を最初に見たら,読み始める気にはならなかったかもしれない.分厚さに尻込みせずにすむのも電子書籍の効用といえるだろうか?).

チューリングの業績としては,ざっくりと①数学基礎論における決定問題の解,②エニグマ暗号の解読,③人工知能の構想,④数理生物学,が挙げられると思う.①,③,④は,それぞれ「チューリングマシン」「チューリングテスト」「チューリングパターン」という彼の名がついた概念に集約される業績だ.チューリングという人は,とにかくアイディアを掘り下げていく根気がすさまじい.どの研究でも,単なるアイディアに終わらせずに,世界を変えるような発明にまで推し進めている.

この本では,チューリングがそうした業績を残したさなかにどんな生活をし,どんな時代を生きていたかを克明に描いている.不思議だったのだが,ここまでチューリングのことを詳しく調べても,その内面は意外なほどに伝わってこなかったことだった.たとえば,青年時代に親友をなくしたチューリングは,直後に書いた手紙の中で,親友の精神(spirit)の存在をリアルに感じると言っていて,それをきっかけに「心とはなにか」という問題に,生涯の研究に取り組んだ.それで,知能を持つ機械(intelligent machine)を構想していくわけだが,しかしチューリングは,本当のところ,知能機械と,“精神”のあいだにどのように折り合いをつけていたのだろうか? 大変興味をそそられる点だが,そこは本にははっきりと書かれていない.それにも増して重大な謎は,「どうしてチューリングは死んだのか」ということだろう.この本では,彼の死に至る経緯,時代背景,彼が受けていた社会的プレッシャー(とくに同性愛をめぐる事柄)などが非常に詳しく書かれているのだが,肝心の「なぜ死んだのか」については,著者も推測を避けている.チューリングがあまり社交的ではなく,内面が分かりにくい人物だったということもあるかもしれない.もしかしたら,これらのことは,本人にすら本当は分からないことなのかもしれない.誰よりも深く「心」について考察していたチューリングの理解よりも,彼自身の心の方が複雑だったということだろうか.


コンピュータって: 機械式計算機からスマホまでコンピュータって: 機械式計算機からスマホまで
(2013/11/22)
ポール・E. セルージ



帯の宣伝文には「ド文系でも読める進化史」とある.一昨年から,たびたび本屋で見かけていたが,素通りしてきた本.コンピュータの歴史について気になりだしてみると,今の自分にとってちょうど良い本に見えてきた.コンパクトだし,タイトル・装丁もいいし,なにより山形浩生さんが訳している.(こういう風に本をプロデュースするのが,良い編集者の仕事なんだろうなあと思う.)

この本を読むと,コンピューティングの歴史が,決して「理想のコンピュータの実現するために技術が進歩してきた」というわけではないということが分かる.統計情報の管理のための「パンチカード」がコンピュータの原型になったことや,学術論文のハイパーリンクのアイディアがインターネットの発明につながったことなどが示すように,コンピュータの技術の進歩は,もっぱら歴史の偶然によっている(もちろん,その中で理想の「万能コンピュータ」を提示したチューリングの論文は,コンピューティングの歴史に燦然と輝く例外だったわけだけれども).そのように一筋縄では捉えがたい技術史を,この本では,「アナログ情報のデジタル化」「半導体素子の高度化」「さまざま技術の収斂」「マン・マシン・インターフェースの革新」の4つの軸によって理解しようとしている.この4要素による説明は分かりやすかった.訳者の山形氏は,あとがきにて,4つのうちの「さまざま技術の収斂」と「マン・マシン・インターフェースの革新」はまだまだ不完全であり,今後のIT技術の進歩はこの2軸でよく理解できるだろう,ということを書いていた.なるほど,と思った.


シュレーディンガーの猫、量子コンピュータになる。シュレーディンガーの猫、量子コンピュータになる。
(2014/03/20)
ジョン・グリビン



3冊目は量子コンピュータの本.前半では,チューリング・ノイマン・シャノンらを紹介しながら,古典的なコンピューティングを振り返る.その後,話題は量子力学に移り,ファインマンやベルといった,量子力学の解釈に重要な貢献をした人々が登場する.そして,ドイチェという人が量子コンピュータを構想し,現在,量子コンピュータの実現に向けた研究がどこまで来ているかを紹介する.正直,後半の量子計算の議論や,とくに量子コンピュータと「量子力学の多世界解釈」を結びつけた議論は自分には理解できなかった.注意深く読めばよかったのかもしれないが,できればもう少しやさしく書いてほしかった.

この本を読んでの一番の収穫は,量子コンピュータのアイディアが初めて登場した経緯を知れたことだった.デイビッド・ドイチェは,量子力学の局在性・実在性をめぐる問題を解くために,理論的道具立てとして,「量子コンピュータ」を考案したのだという.これは,チューリングがヒルベルトの問題を解く数学的道具として「チューリングマシン」を考案したのとまったくパラレルになっていて,大変興味深い.チューリング以降に実現した「古典的コンピュータ」と同じような歴史を,量子コンピュータもたどることになるのだろうか.最近では,IBMやGoogleも量子コンピュータの研究に乗り出しているらしいので,近いうちに本当にそうなるかもしれない.
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rmaruy.blog.fc2.com/tb.php/63-da620fb2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。