--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.29
Sat
From Ought to Is : Physics and the Naturalistic Fallacy
Matthew Stanley, Isis, 2014, 105:588-595

18・19世紀には,物理学や天文学が,政治的・社会的な主張の正当化に使われた.しかし,20世紀に入ると,その役割を生命科学などが担うようになる.20世紀後半の物理学においては,むしろ「自然主義の誤謬」は従来のものとは反転した形で現れた.「自然主義の誤謬」とは,「である(is)」という事実の記述を根拠に「すべきだ(ought)」という道徳的な命題を導く.それとは逆に,「すべき(であるべき)」だから「である」という論法が登場したのである.それは,「人間原理」と呼ばれる学説においてである.

「人間原理(anthropic principle)」は,宇宙を成り立たせる物理法則が,人間をはじめとする生物の誕生に好都合なものに微調整(fine tune)されているようにみえるのはなぜかという謎に応えるために提唱された学説である.弱い人間原理(WAP)とは,「人間が存在するからには,宇宙はこれこれの性質をもっているはずである」という,記述的な主張である.一方,ジョン・バローとフランク・ティプラーらによって提唱された「強い人間原理(SAP)」は,宇宙はなぜかくあるかを説明するところまで踏み込んで,「宇宙は人間をつくることを目的(purpose)とする.だからこのような宇宙はこのように存在する」と主張する.

強い人間原理は,一見「自然主義的誤謬」の格好の題材のように思える.「宇宙は人間を生みだすためにあり,○○という行動は宇宙の目的に反する(合致する)」などと言えそうに思えるからだ.実際,18世紀には,ニュートン力学がそのように利用されたことがあった(デサグリエによる君主制の正当化など).他にも,J.P.ニコルが星雲説(Nebular Hypothesis:星間物質が集まって惑星や恒星ができるとする説)を政治・経済への援用した事例や,ケルビン卿が熱力学第2法則を根拠に人類の進むべき方向を結論付たというような事例もある.

しかし,強い人間原理の提唱者たちはこのような道をとらない.その代わりにみられるのは,反転された形での誤謬である.バローらの議論によれば,知的生物種は必然的に星間航行(intersteller travel)を実現する(そして,「フォンノイマン探査機」をつくり,10億年足らずでこの銀河をくまなく植民地化する).人類がそのような技術を開発「すべき」なのではなく,有無を言わさず「そうなる」のだ.なぜなら宇宙はそのような存在をつくるために存在するから.

***

昨今では,物理学が人々の行動の指針を与えるような事例は,生物学などと比べて少なくなっている.これは,物理学者がそのような主張をするのをやめたからではない.ではなぜか.一つには,神経科学や霊長類学など,他の学問を経由するようになっていることがある.今では,物理学は私たちの日常と直接には結びつかず,生物学や社会科学を経由するのが普通になっている.また,宗教が経由されることもある.たとえば,「ビッグバンが起こったなら,神がいるはず.神がいるからには~」と言う風に.

だが,より深い理由として,物理学の基本的な部分で,自然主義的な推論の前提が成り立たないということがあるのかもしれない.人間原理の主張のように,もしすべてが決定論的に決まっているのなら,我々が「すべき」ことはない.自然法則の基本定数が我々の存在という「目的」のために微調整されていたという事実が示唆するのは,「我々には選ぶことができない」ということにほかならないからだ.
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rmaruy.blog.fc2.com/tb.php/60-75417f1b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。