--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.24
Sun

「科学にすがるな!」――宇宙と死をめぐる特別授業「科学にすがるな!」――宇宙と死をめぐる特別授業
(2013/01/26)
佐藤 文隆、艸場 よしみ 他



理論物理学者の佐藤文隆と,艸場よしみさんというライターとの対談.
予想をはるかに超えて面白かった.

「自然や物質の成り立ちを突き詰めた科学者は,死ぬことについてどう考えているのだろうか」という漠然とした疑問を抱えた艸場さんが,佐藤文隆という学者にその疑問をぶつけてみようと思い立つ.この本は,艸場さんが佐藤文隆に送りつけたメールの文面から始まり,それから1年の間に二人が交わした7回対談の様子を記録している.

佐藤文隆の最初の対応が,とことんひねくれていて笑える.「死とはなんですか」と聞くと「それは科学の問題ではない」と突っぱね,それでは科学のことを聞こうと「宇宙の始まりはどうなっているのですか」と問えば,「そんなことを知っても意味がない」と.インタビューアーの問題意識に対する佐藤文隆の答えは,「科学にすがるな!」というものだった.けれど,艸場さんが,毎回の「講義」を反芻して,熱心に復習して次の対談に臨むうち,だんだんと話の中身も量子力学とか宇宙論の話になっていく.そして,インタビューアーの中で,次第に佐藤文隆という学者の学問観が分かり始めていく,という本.

このインタビューを持ちかけるのに,佐藤文隆は最適任者だった思う.というのも,彼ほど「一般の人にどうやって科学について語るか」ということに,苦心してきた人はいないだろうから.

本書のあとがきで書いているが,佐藤文隆はかなり精力的に一般向けの本を書いたり講演を行ってきたが,「一般人が科学に期待すること」と「科学者の実感」がかなりずれていることを実感してきたという.ブラックホールや時間の起源について知りたがるが,「科学的に知る」ということを理解しようとしない人々...

だからこの対談では,インタビューアーの艸場さんの「科学者から答えを引き出す」という目的の裏で,佐藤文隆のほうにも「一般人に科学の実像を伝える」という目的意識があって,彼自身も対談に乗り気なのが分かる.両者が思惑が交錯し,それが最初はかみ合わない.そのすれ違いから,佐藤文隆が怒り出したり,艸場さんが困惑したりする場面もあって,どきどきする.

インタビューアーが佐藤文隆を選んだのは,運なのか,するどい嗅覚がなせるのか.ほかの学者だったら,もっと平凡な対談本で終わっていただろう.あと,単著の中では分からない佐藤文隆の「人となり」がうかがえてとても面白かった.やっぱり,学者のなかの学者という感じで,かっこいい.
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rmaruy.blog.fc2.com/tb.php/6-0951ed23
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。