--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.27
Sat

History of Cognitive NeuroscienceHistory of Cognitive Neuroscience
(2012/10/01)
M. R. Bennett、P. M. S. Hacker 他



変わった本だった.7章構成のうちの6章までは,知覚・注意・記憶・言語・情動・運動とテーマごとに章が設けられており,それぞれの分野の主要な実験や研究成果が紹介される.そのうえで,各研究所紹介の最後には,著者らの「哲学的な批判」が加えられる.最後の7章は,著者たちの哲学的な立場がまとめられていて,Dennett,Churchland,Searlなどといった,意見を違える哲学者らからの批判にも応えている.

認知神経科学の発展を簡潔に説明した上で,そのすべてに対して「哲学的なケチ」をつけるという,大胆な本なのだ.『認知神経科学の歴史』という書名のとおり,認知神経科学の発展を知るためのよくまとまった教科書としても読めるのだが,この本の主眼は明らかに「哲学手なケチ」のほうにあるようだった.

もちろん,実験事実そのものが間違っていると言っているわけではなくて,批判の矛先となるのは実験の「解釈」やそこから導かれる「仮説」に対してだ.著者らによれば,脳について語るときにほとんどすべての人が陥っている誤謬がある.それは著者らが"mereological fallacy"と呼ぶもので,その意味するところは,「全体に対してしか与えられない性質を,その部分に与えしまうという誤謬」なのだという("mereology"とは,「ポーランドの論理学者レシニェフスキによって創始された、全体と部分の論理的関係に関する形式的理論」を指す専門用語(space ALC 英二郎より)).

どういうことかというと,僕らはすぐ「脳が知覚する」とか,「左脳が右脳にメッセージを送る」とか,「海馬が記憶を保持する」とかいうことを言ってしまうが,「知覚する」「メッセージを送る」「記憶を保持する」ことができるのは「人間(あるいは動物)」であって,その部分であるところの「脳」や「左脳」や「海馬」ではないのだ,というのが,BennettとHackerの主張である.彼らがとくに批判するのは,脳の中に,知覚を形成するための"mental image"があったり,空間認知を可能にする"mental map"があったり,記憶を貯蔵する"memory trace"があったりするという言説である.これらは,著者らによれば,「正しい/正しくない」という問題以前に,「意味をなさない」(その理由はmereological fallacyを犯しているから)ということになる.

***

この本の主張は,神経科学にとって何か生産的なものとなりうるのだろうか.「脳」や「細胞」が「認知」や「記憶」をしているというのは言葉の使い方として間違っている言うが,皆分かった上で,有効な比喩として使っているんじゃないのか.そんなことを思いながら読んでいた.「比喩」としてのこれらの用法は,たとえばコンピュータを作るうえでは,「ハードディスクに記憶させ,CPUに情報を送り…」などという風にとても役に立つ.それと同じことなのではないのか?

たとえば「記憶」に関して著者らは次のように説明する.「海馬と皮質をもっている人間が記憶能力をもつ」が意味するのは,「記憶をもとに行動するということを可能にするなんらかの脳内現象が海馬・皮質にあるということ」しか意味せず,たとえば「脳のどこかに”記憶痕跡”が貯蔵されている」ことを論理的に帰結したりはしない.それがあるはずだと思ってしまうのは"dogmatic application of an engineering principle to neurobiology"(神経生物学への工学的原理の無反省な援用)だという.

個人的には「工学的原理な援用」がなければ脳は理解できないのではないかと思っていたので,著者らには完全に同意できなかった.また,Hackerさんたちの立場が「行動主義」とどう違うのかも気になる(明確に違うのだと思うが,よくわからなかった).ただ,仮説がどんどん先に進んでしまうこの分野(ミラーニューロンなどにみられるように)において,もっとも慎重な解釈を示しているという意味で,貴重な主張なのは間違いないと思う.
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rmaruy.blog.fc2.com/tb.php/56-c11d0ff5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。