--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.24
Sat
家の近くの区営体育館のロッカーの料金は20円である(10円がデポジット戻ってくる). 

10円玉が2枚,財布に入っているか.入ってない場合は,両替しなければいけない.財布のなかに余分な10円玉が増える.両替する羽目になるのは3回に1回ほどだろうか.

ある理想化された状況のもとで,財布の中の10円玉の枚数についての状態空間モデルを立てて定常解を求めてみた.ちょっと考えてみると結果は単純で,「10円玉が0枚~4枚の可能性が20%ずつ」ということが分かった.つまり,ロッカー代が財布の中にある確率は60%.ただしこれは「財布の10円玉を,使えるときは必ず使う」「物の値段の10の位は完全にランダム」そして,(たぶんこれが一番問題だと思うが)「50円以上のおつりは必ず50円玉で払われる(10円玉が5枚以上戻ってくることはない)」という理想化の下で考えた.でも60%という数字は感覚にはあっているので,そんなに悪い理想化でもなさそうである.


スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rmaruy.blog.fc2.com/tb.php/47-42b24b26
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。