--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.29
Tue

境界知のダイナミズム (フォーラム共通知をひらく)境界知のダイナミズム (フォーラム共通知をひらく)
(2006/12/15)
瀬名 秀明、橋本 敬、梅田 聡



大人になるというのは,ルールを覚えてそれに適合することなのかもしれない.
1年半の会社勤めを経てそのように思う.「空気を読む」とか「場に合わせる」といってしまうと否定的に聞こえるが,「人の期待通りの行動をとること」ができるようになってきたのを感じるとき,「ちょっと大人になったな」と感じる(それに気づくのが遅すぎた感もあるが...).

もっというと,「プロになる」というのも,そういうことだと思う(野球投手の腕の振りは,マウンドからホームベースまでの距離と,公式球の重さというルールに最適化されているのではないだろうか).スポーツ選手でなくとも,たとえば,プロの書き手というのは,標準的な日本語を使いこなして,その場にふさわしい言葉遣いに「合わせて」文章を書ける人のことだ.

人がもつ能力は,それ単独で存在するのではなく,なにかのルールの上に乗っかっている.
そのルールを脳と身体に覚えこませることが,人として大人になるということなのかも知れない.

しかしその半面,そんなルールを捨て去りたい自分もいる.ルールから敢えて少しはみ出したとき,そのはみ出し方によっては,独創的と呼ばれることもある(町田康の小説のように).「ルール」と言っている以上,それは変更可能であり,しかも変更は結構ひんぱんに起こる(twitterの「なう」はもう死語になりつつあるとか聞く).であるとすれば,僕らが「能力」と呼んでいるものも,ルールの変化とともにダイナミックに変わっていくはずだ.

ルールがダイナミックに変化していくことを前提とした新しい科学をつくろう.
それが,本書『境界知のダイナミズム』のテーマとなっている.

1,3,5章を作家の瀬名秀明氏が,その合間の章を研究者の梅田聡先生(2章),橋本敬先生(4章)の章が書いている.科学,芸術(小説や映画),医学,現代思想,社会学などなど,自身の引き出しからありとあらゆるものを持ち出して縦横無尽に語る瀬名氏の章と,それぞれのフィールド(心理学と言語学)の事例に根ざして解説する梅田・橋本先生のパートが,(なかば強引に?)溶け合っていて,類のない本になっている.

主題となっている「境界知」とは,ルールからはみ出したものに対して「違和感」をもち,そこに境界の存在を感じる能力のことだという.この「境界知」の概念が私には分かりにくく,「ルールのダイナミクス」ということだけを主題にすればもっと明快な本になったのではと思ってしまう.ただ,主客を分けることを前提とした従来の科学に対する新しい科学(研究者自身も研究対象の場に引きずりこまれてしまうような科学)を打ちだそうという野望から,あえて「境界知」という聞きなれない言葉を前面に出したのかもしれないとも思う.ここには,科学者から小説家(文筆家)に転身した瀬名氏の,切実な問題意識(理系vs文系,科学vs芸術のコンフリクト?)が背景にあるような気がして,それはそれでとても興味がある.

橋本先生は「知能を(論理でも物質でもなく)社会にグラウンドしたものとして捉えたい」と書いていた.この「社会へのグラウンド」という表現は,人の能力というものは社会のなかでルールを参照した上でなければ定義できないことを端的に表していて,すごく的を射ていると思った.


*********************************

本書の思想は,言語や心理などが,単独で進化してきたのではなく,それを支える社会とともに共進化してきたものとして捉えなおそうというものだ.固定されたキャンバスの上でそこに描かれた対象を語るのではなく,何が描かれるかによってキャンバスそのものも形を変えるという世界観である.

ひとつの疑問が浮かぶ.
社会と言語(あるいは社会と言語と脳の三つ巴?)が互いにフィードバックを及ぼしながら時間発展していく様子を記述しようとした場合,研究者自身はどこに立っていればいいのか?

すべてを見下ろす,「擬似的な神の視点」?
社会からも,脳からも,言語からにも縛られているはずの人間の研究者に,そんな視点に立つことができるのだろうか?

ここであるアナロジーが頭をよぎる.
それは,先日の一般向けのトポロジーのセミナーで聞いた話だ.

「2次元の曲面の性質を特徴づけるのに,それを3次元空間の中に埋め込んで見る必要はない」.

トポロジーの世界では,一つ高い視点を確保しなくても,曲面上の性質だけから,その全体像についての情報が得られるらしい.

この例から,自分の脳・社会・言語に縛られた研究者がその足場を離れることなく全体のダイナミクスを捉える方法もあるのかも?などと妄想する.(このような強引な比喩に飛びついてしまうのも,人間の脳の癖に縛られている証拠なのかもしれないのだけれど...)

「進化言語学」や「進化心理学」には,これから注目していきたい.


スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rmaruy.blog.fc2.com/tb.php/26-273bb9e1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。