--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.17
Tue

ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)ホテル・ニューハンプシャー〈上〉 (新潮文庫)
(1989/10/30)
ジョン・アーヴィング


ジョン・アーヴィングの小説の読むのは「サーカスの息子」以来,2作品目.
本作はアメリカの一家の物語だった.お父さんとお母さんが出会って,兄弟たちが生まれて,皆が大人になるまでの顛末.

「サーカスの息子」と同じく,異様な雰囲気の漂う作品だった.この作家の小説に出てくるキャラクターは変な人間ばかりだ.というか,著者はキャラクターの欠落した部分が執拗に描かれている.そして,まともな人間(すくなくとも著者がそう描いている人物)は,だいたい途中で死ぬ.それも,ショック死とか,爆死とか,飛行機墜落など,変死を遂げる.異様な登場人物たちが,異様な事件に巻き込まれるという,ハチャメチャなお話なのだけれど,ある種の切実なものが伝わってくる.帯の推薦文にあった「生きてていいんだという感じ」という感想が,自分にもしっくりきた.
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rmaruy.blog.fc2.com/tb.php/20-ca7c3ffc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。