--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.21
Wed
この一年で電子書籍が一気に身近なものとなった.
2012年にはamazonがkindleのサービスを日本で開始,その他の電子書店・書店・取次なども相次いで電子書籍の販売を開始あるいはアイテム数の大幅な拡充した.読者にとっては「kindle fire買おうかな? ipadの方がいいかな?」という話題のネタになったが,一方で本を書く立場にある人にとっては,電子出版が現実味を帯びてきたことを意味する.そのためか,出張先の大学の先生に電子書籍について聞かれることが多かった.「電子書籍ってどうなの?おたくの会社ではやっているの?」そのとき,残念なことに「どうなんでしょうねー」という返事しか出来なかった.後から考えると,それってたとえばポケベルを作っている人が「携帯電話ってよく知りません」と言っているようなもので,なんか悲壮な感じもする.少なくとも二言三言は言えるようになっておけば良かったと思った.そこで,この場を借りて,電子書籍はどういう存在なのかについて少し考えてみることにする.

実際,電子書籍は世界で広がり続けている.アマゾンでは,英語の本では200万点以上の本が電子書籍として販売されているらしく,アマゾン以外での電子書籍も多くあるので,総数はもっと多いはずだ.日本語のキンドルの点数は12万ほどだが,売り上げランキングの上位にくるのはやはりマンガのようだ.

理工書はどうだろうか?理工書は電子書籍に向かないと言う人もいれば,理工書こそ電子化して欲しいという人もいる.実際のところどうなのか.少し調べたところでは,日本の理工系出版社は,各社何点かの書籍は「電子書籍」として販売しているものの,主力商品として位置づけているところは少なそうだ.それに比べて,英語圏の出版社では,かなりの点数が電子版でも販売されている.事実,欲しい洋書は,専門書も含めほとんどkindleで入手できるようになった.「デジタル教科書」の構想は,日本でも議論はされているみたいだが,韓国などでは小中高にデジタル教科書を導入するなど,かなり進んでいると聞く.

理工系の先生方はよく,ページ数の制限や印刷のコストの問題を回避するために,電子書籍で出したいということを言われる.たしかに紙の本を出すのをやめて電子版だけで出版することには,メリットが多いように思われる.例えば,
・ページ数を気にしないで出せる
・コスト=定価を下げることができる
・小まめに改訂することが出来る
などがすぐ思い浮かぶ.「紙面」という物理的な制約から解放されて,好きなだけ書ける.しかも「早く」「安く」つくれるなんて,いいことだらけだ.出版社としては,編集とレイアティングをしっかりやれば,付加価値のある商品となるだろう.私も,出版社に入った一年前はなんとなくそう思っていた.ところが,実体はそうはなっていないことを知った.

学術系の出版社が出している電子書籍は,あくまで紙の書籍と並行販売だ(ただし電子教科書は例外かもしれない).海外の出版社を見回しても,理工系の専門書の新刊を電子版だけで売っているところは知らない.つまり,(私の調べた限りでは)出版社を使って電子版のみの書籍の販売をすることは出来ていないようなのだ.つまり,著者や読者が電子書籍に一般に期待していることとその実態とが,微妙にずれているらしい.

電子版だけで出されている理工書がない理由は,採算が取れないからだろう.紙の実体がない本に,読者がいくら払うだろうか.個人的な感覚だが,紙とそれほど変わらない値段でも電子書籍が売れるのは,「紙で出ている本が電子でも読める」と思うからではないだろうか.ならば,めっちゃ安くすれば良いか.ところが,編集の手を加え宣伝も行う電子書籍の場合,それほどコストを下げられない.ならば編集をほとんどせず,フォーマットだけを整えて電子出版すればいいのかもしれないが,それではもはや出版社が存在している意味がなくなってしまう.

実際,時代はそっちの方向に進むのかもしれない.ネット上にチュートリアルの文章を無料公開し,学びたい人それを読む.編集の目は入っていないが市販されている書籍より完成度の高いネット公開文書はいくらでもある.このような情報発信がどんどん大きくなっていくだろう.これは無料ではなく,ある程度課金しても成り立つようになるかもしれない.そのように考えたとき,比較すべきは「紙の本vs電子書籍」ではなく,「紙の本(およびその電子版)vs電子版のみの出版物(またはそれに変わるもの)」だろう.後者は,仮にビジネスとして成立したとしても,従来の出版社に出る幕はない可能性は大だと思う.

私個人としては,出版社勤務の身というよりは一読者として,「紙の本(およびその電子版)」の肩を持つ気持ちがある.だから「紙の本(およびその電子版)」の側の弁明を試みたい.いや,弁明というか,実際問題として紙の本(とその電子版)が成功してきたという事実があり,ネットで情報が手に入る時代に「なぜ紙の本は売れているのか」の理由があるはずなのでそれを考えたい.もっといえば,「本とは何か」という疑問.このような根本的な疑問を素通りして,「これからは電子書籍の時代だから,編集者はスキルを身に付けて電子書籍の編集者になればいい」と言うのはちょっと危ういんじゃないか.

少し考えた結果,書籍というメディアの強みは,実はその弱みだと思われることのなかにこそあるのではないかと気づいた.
①紙の本は,印刷や製本にコストがかかり,原価を抑えるためにページ数に制約が生じる.分量が多すぎる本,分量が少なすぎる本は出すことが難しい.しかし,それを裏返すと,そのようなコストを省みず,この本はつくられた.それが値打ち感につながっている面があることは間違いないと思う.紙の本が全て「いい本」な訳ではないが,少なくとも何らかの理由で出版社が「売れる」と判断したからこそ,編集・印刷・製本という労力が掛けられて,書店に並んでいるのだ,という最低限の安心感がある.
②限定されたコンテキストでしか発信できない.つまり,ネット上の情報のように相互リンクを張られた中にコンテンツがあるのではなく,何百ページという空間の中で完結させなければならない.そのことから出てくるメリットに,あるターゲットに絞って出すことができるということがあると思う.本には,ブログを読むとか,実際にその人に会って話を聞く以上の体験ができる.精神科医の斎藤環さんによる二冊の本『生き延びるためのラカン』『「社会的うつ病」の直し方』を読んだ.前者は若者言葉を使って読者の共感を得つつラカンの思想を紹介する本,一方後者は,うつ病で悩む本人や家族を救う為に臨床医として指南する本.両者の対象とする読者は違っていて,語り口は全く違っていた.本という媒体でなかったら,ここまで書き分けることは出来なかっただろうと思う.ブログにしてもテレビにしても,語り掛ける相手は不特定多数にならざるを得ないが,書籍の場合は,ある程度ターゲットを絞ることができる.理工書の場合でも,「この先生が学部生向けの教科書を書いたらこうなるのか」という驚きがあったりする.
③紙の本は数1000部単位で刷るため,一度作ってしまったら修正が難しい.しかし,その裏返しで,内容が簡単には書き換えられないことは本の良さでもある.ブログやウィキペディアは情報源としては良いが,仮に不都合な内容があったら即日引っ込めたり書き換えられたりするが,本の場合はそれはない.また本の特長として「あの本の何行目にはこう書かれていた」と皆で指差せることがある.(その点,ページ数や行数の概念がないkindle版では,それができなくて困ることがある.)このような書籍の「確実さ」の真逆は,いつの間にか内容が書き変わっていて,いつ書き換えられたのかすら誰にも分からないという,オーウェルの「1984年」に出てきそうな状況だが,ネットはそれに近いところがある.ただし,書籍の場合も増刷のときに勝手に内容を微妙に修正したりして,それで読者から苦情がきたりするのだが,それでもある程度「作品としてのアイデンティティ」は保たれていると言えると思う.
今思いつくのはこれくらいだろうか.

理工書以外を見れば,もちろん電子版だけの出版物で成功しているものは沢山ある.
なかでも雑誌のipad版には,音声や動画を効果的に組み込んだものがあり,紙の雑誌を超えるコンテンツとなっている(economist誌,scientific american誌など).Newsweekが紙版の販売をやめてしまった.それから,セルフパブリッシング.自分で書いた本を500円でkindle direct publishingで売って,かなりの部数を売っている例もあると聞く.そういうのは,出版社と関係ないところで,どんどん進んでいくんだろう.(ただし,セルフパブリッシングの自分で書いた文書を,自分でプロモーションして,お金をもらって読んでもらうというのは,普通の人にはかなりハードルが高いことだとは想像する.)しかし一読者の立場から「本」のよさを改めて考えてみると,「紙の本(およびその電子版)vs電子版のみの出版物(またはそれに変わるもの)」の比較において前者のメリットは確かにあるように思えるので,出版社で働く限りはそこを見失わないようにしたい.

スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rmaruy.blog.fc2.com/tb.php/17-f239d3e8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。